ロボット

分身ロボットも対象?東京都の「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」

新型コロナウィルス対策の一つとして、東京都はテレワークの助成金を開始しました。

これから遠隔での仕事を開始する企業は、分身ロボットの「オリヒメ」を導入する良いきっかけになるかもしれません↓

ウィルス騒動によって、止むを得ずテレワークを開始した企業は多いですが、「ビデオ会議でのコミュニケーション」に不満を感じている人が多いようです。

その原因として、モニター越しの会話では各自の存在感が薄れてしまうということが挙げられるのだとか。

しかし、分身ロボットを使った場合。

参加者は周囲を見回したり、リアクションを取ることが可能なので臨場感を持って会議に参加することができます。さらに、ロボットの見た目も可愛いので和やかな雰囲気を作ることでチームワークを高めやすくなるかもしれません。

都内にある企業の方は、オリヒメのHPを一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちらです↓
https://x-movjp-orihime.studio.design/

 

関連記事

  1. ロボット犬が登場!ボストン・ダイナミクスの「Spot」
  2. ロボットが英語の先生!?英語学習AIロボットMusio(ミュージ…
  3. amazonのキャンペーン!「Echo Dotと音楽1か月分がセ…
  4. 保育士不足の救世主?保育ロボット「VEVO」が見守る保育園
  5. ワクワク!高専生がクラウドファンディングで開発中のDJロボット「…
  6. 学べるロボットおもちゃtoio(トイオ)体験会が3月16日に開催…
  7. 様々な形のお皿を自動で洗える!「ロボット食洗システム」
  8. 将来は漫画家になる!お絵かきロボット家庭教師「DrawBo」

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP