自動運転

ドローン配送や自動運転車で便利な社会になる?スーパーシティ法とは

5月27日に成立したスーパーシティ法によって、最先端技術の実験的な都市づくりが可能になります。

その一方で、実現するためには課題もあるということをご存知でしょうか?

政府は、人工知能やビッグデータを活用し、先端技術と組み合わせることで快適な暮らしを実現することを目指していますが、そこで暮らす人々の個人情報の管理については曖昧な点も。

ビッグデータの中には個人の趣味趣向や行動範囲などあらゆるデータが含まれており、防犯カメラの映像を結びつければ個人を監視することも難しくなるという意見もあるそうです。

例えば、「今どこで何をしている?」そんな情報を知らない間に収集され、それを誰かが活用していると考えると、不安ですし気持ち悪いと感じる人は少なくないのではないでしょうか?

顔認証やドローン配送、自動運転車、オンライン診療など生活が便利になるのは良いことですが、実際どのようにスーパーシティ法が運用されるのか注意深く見守る必要がありそうです。

 

関連記事

  1. 【低速モビリティ】「iino」を使った自動運転の実証実験in大阪…
  2. 人手不足を解消!宅配便の自動運転へ向けて日本郵便が実証実験
  3. スイスイ!水上の自動運転タクシー「CrossWater Taxi…
  4. 自動運転バスの実証実験!大津市が乗車モニター40名募集
  5. 移動式のお店が増えるかも?トヨタの自動運転車「イーパレット」
  6. 待ちきれない!ソニーが開発中の自動運転車「VISION-S」
  7. 2020年7月から販売スタート!一人乗りロボ「RakuRo™」
  8. 自動でパトロール!しかも可愛い「警備ロボットPATORO®」

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP