本日の自動運転関連ニュース 2017/12/22

 

本日の自動運転関連のニュースです。

autopilotnews01

_

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~個人投資家の影響力が高まる

株探ニュース
今週も引き続き米税制改革の行方に振らされる可能性が高い。米共和党指導部は週末に、35%の連邦法人税率を2018年から21%に引き下げる大型減税法案を最終決定している。週明けに上下両院で採決し、今週中の成立を目指す。下院は早ければ19日、上院も20日に同法案を採決する方向で調整に入っており、懸念 …

■ パイオニア 自動運転用の3D-LiDAR」が、エヌビディアの自動運転開発プラットフォーム「DRIVE PX」に対応
carview!
2017年12月14日、パイオニアはAIコンピュータのグローバルリーダーであるNVIDIA(エヌビディア)社が開発する自動運転向けAI車載コンピュータのオープン … 現在では自動運転用のAIコンピュータ・メーカーとして脚光を浴び、自動運転システムを開発する多くの自動車メーカー、メガサプライヤーにとって不可欠のコンピュータ・ …
パイオニア 自動運転用の3D-LiDAR」が、エヌビディアの自動運転開発プラットフォーム「DRIVE PX」に対応 - ニコニコニュース
すべての記事

■ 「完全自動運転」めざし世界が熱く
ヘッドライン ニュース
ICT(情報通信技術)や電子デバイス技術の結晶の一つともいえる「完全自動運転」。自動車やタクシー、バス、都市型ビークルなど無人運転車両が人を乗せて街中を走るという、かつてのSF映画で見たような世界が数年内にも現実になろうとしている。この技術の覇権を狙って世界の自動車や電気・電子機器、ロボット、ICT関連 …

■ ダイムラー、南アフリカで自動運転の実証実験を開始。五大陸全域での自律走行技術を磨く
MOTOR CARS
ダイムラー、南アフリカで自動運転の実証実験を開始。五大陸全域での自律走行技術を … こうした当地の生活者の道路上での行動を踏まえて自動運転を行うことは、車載センサーにとって高度な認識レベルを求められることを意味し、自律走行システムにも当地特有の課題が浮き上がってくる。 カメラやレーダーシステムは、 …

■ ボルボ スウェーデンの一般家庭が、自動運転化を目指すボルボの実証実験車で開発サポートを開始
ニコニコニュース
ボルボは、現在のレベル2の運転支援システムから、次のステップはレベル3ではなく、完全自動運転となるレベル4の実現を2021年に実用化することを目指し、実証実験車を公道に投入している。 この自動運転システムの開発は「Drive Meプロジェクト」と名付けられ、スウェーデンのイェーテボリ地区の公道を走る大規模な自動 …

■ ボルボ スウェーデンの一般家庭が、自動運転化を目指すボルボの実証実験車で開発サポートを開始
carview!
2017年12月14日、ボルボ・カーズ本社は同日からスウェーデンの一般家庭の協力による自動運転車の開発を開始すると発表した。モニター家族はイェーテボリ市内の公道で、自動運転車に試乗した感想をボルボ・カーズのエンジニアにフィードバックすることになる。 ボルボは、現在のレベル2の運転支援システムから、次の …

■ ホンダに続いて日産も!日本の自動車メーカーが続々とカーシェア事業に参入―中国メディア
Record China
「NISSAN e―シェアモビ」は、自動運転技術や自動駐車機能などの知能化技術を体感できるというサービスで、東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山などに30カ所のステーションを設置し、将来的には他の地域にも拡大していくという。 ほぼ時を同じくしてホンダも、12月12日に中国のIT企業Neusoft傘下 …
「弱肉強食、一寸先は闇」に突入した車載半導体業界
JBpress
昨今、自動運転の開発では、画像認識、深層学習(ディープラーニング)といった技術の採用が一般化しており、この領域に米エヌビディアや米インテルなどの半導体大手が巨額の研究開発費を投じている。筆者は、シリコンバレーのエヌビディア、インテルの両本社で、自動運転事業について定常的に取材や意見交換を行って …

■ ものづくり大会全国3位 八女工高初の快挙達成 電気科・堤さん 自動車科・当麻さん [福岡県]
西日本新聞
自動車整備部門は3級自動車整備士に必要な学科のほか、測定器作業、エンジン故障箇所の診断など四つの課題で実施。幼い頃から車が好きだったという当麻さんは「3年間、自動車科の仲間と学んだことが大会に生かせた」と振り返る。就職先は大手自動車メーカーで「乗る人が安心安全な車と、人工知能(AI)や自動運転の …

■ 米フォード、中型セダンも中国に生産集約−小型車に続き
日刊工業新聞
… 向け「モンデオ」が対象。20年に予定するデザイン刷新に合わせ、ともに中国・長安汽車との合弁工場(重慶市)での生産に切り替えるという。 自動運転や車の電動化といった次世代技術への投資が不可欠となる中、フォードは収益性確保のため、22年までに計140億ドル(約1兆5800億円)のコスト削減を目指すとしている。
深層断面/「自動運転」すぐそこに…公道実証、全国で続々 - 日刊工業新聞
パイオニア、米エヌビディアと協業−自動運転用基盤に対応 - 日刊工業新聞
すべての記事

 

 

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注目ピックアップ記事

  1. 2018-02-13 7.32.55
    今回ご紹介するのは、2年前のCES2016で世界中の注目を集めた「有人ドローン」…
  2. 2018-02-08 7.34.06
    今回ご紹介する動画は、見ないと損!という世界中で開発された、とてもユニークで興味…
  3. 2018-02-06 9.27.36
    ■ 空飛ぶ自動車が2018年に発売か? 2018年に発売が予定されている、…
  4. 2018-01-18 15.17.10
    2018年1月11日(戌年の1月11日、“ワン・ワンワン”の日)に、SONYから…
  5. Drone
    まるで小鳥のように電線の上にとまり電力を供給するドローンが登場! ドローンの「空中…

注目イベント

  1. glafitbike0001
    自転車? バイク? ハイブリッドバイクの登場 今回ご紹介するのは「人々の移動をもっ…
  2. スクリーンショット 2016-10-05 9.17.51
    いよいよCEATAC JAPANが始まりました! 2016年のCEATEC JAP…
  3. iStock_000046450326_Small_resized
    最新のサービス・ロボットが大阪に集結! サービスロボットの開発技術に特化した技術展…
  4. スクリーンショット 2016-02-09 8.25.21
    「CNET Japan LIVE 2016」が開催 2016年2月18日に、「CN…
  5. スクリーンショット 2016-01-21 10.03.55
    情報教育SIG第4回 情報教育研究会 ~ヒューマノイドロボット活用のアイデアソン・…

オススメ商品

  1. 2018-01-26 8.41.49
    ■ 超高機能な『スマート首輪』が話題に 今回紹介するのは、犬好きな方が大注…
  2. stanleyrobotics0001
    画期的な最新駐車場ロボットが登場! 今回ご紹介するのはフランスで開発が進んでいる、…
  3. 3Doodler0003
    ペンで描くように立体作品を創れるペン型3Dプリンター 今回ご紹介するのは、まるでペ…
  4. pelamatic01
    さまざまな野菜や果物の専用電動皮むき機 今回ご紹介する動画は、オレンジやパイナップ…
  5. maxresdefault_resized
    水中を自由に動き回る水中ドローンが話題に! 空を飛ぶドローンがかなり普及してきまし…

カテゴリで絞り込み

ページ上部へ戻る