本日の自動運転関連ニュース 2018/02/14

 

本日の自動運転関連のニュースです。

autopilotnews01

_

■ 自動運転車実証実験 運転席不在で走行
長野日報
伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点にした国土交通省の自動運転車実証実験で13日、運転席を不在にする「レベル4」の自動走行が行われた。車両通行規制により市道約300メートルを専用空間にして実施。国交省が行う全国13カ所の実験の中で唯一という、直角カーブがつながる「クランク」も円滑に走行した …

■ 経済一変、次はドローン シンガポール・エアショーで注目集める関連品 (1/2ページ)
SankeiBiz
だが、米航空防衛機器大手ボーイングのリサーチ・アンド・テクノロジー担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャー、チャールズ・トゥップス氏は「自動運転の旅客機を実現するまでの行程は数多くあるが、当社は既に一歩を踏み出している」と力を込める。同社は先月、米海軍向けの巨大な無人空中給油機を発表した。

■ 全国唯一のクランクをクリア 伊那・長谷で自動運転車実験
中日新聞
運転席で人が監視する「レベル2」の走行が中心で、この日は運転席を空席にする「レベル4」を試した。道の駅を発着点に、美和診療所前を経由する市道六百メートルで実施。このうち三百メートルをレベル4区間に設定し、八回走行した。このコースは全国十三カ所の実験地で唯一クランクがあり、運転席が無人のバスは時速十 …

■ 阿波製紙、電磁波吸収体を0.3mmに薄型化 車載機器の誤作動回避
日刊工業新聞
阿波製紙は厚さが0・3ミリ―1・2ミリメートルと薄型の電磁波吸収体を開発した。薄型化したことで、ミリ波レーダーなどの車載機器の設計自由度を高めることができる。自動運転車両では電子部品により発生する電磁波の干渉を防ぐことが、車両の安全性を確保する上で重要になる。不要な電磁波を吸収し… (残り:523文字/ …

■ 第60回十大新製品賞/日本力(にっぽんぶらんど)賞-クボタ
日刊工業新聞
農機分野では約20年前から自動運転技術が開発されてきたが、自動車分野での動きもあり「機が熟してきた」(松﨑優之同車両基礎技術部電子化チーム長)。今回実現したのは有人監視下での自動化・無人化にあたるレベル2の段階。完全無人化のレベル3という高いハードルに向け、現在は人に頼る作業の制御も可能に …

■ AI人材の増員急ぐ製造業、トヨタやパナソニックなど大手18社の方策
ITpro
自動運転技術の開発にまい進する自動車メーカーを筆頭に、製造業でのAI活用のスピードは加速する一方だ。工作機械の故障予知、生産効率の改善からマーケティング精度の向上まで、幅広い分野でAIへの取り組みが始まっている。 それに伴って、AI人材の不足も深刻化している。日経コンピュータが大手製造業に実施した …

■ テストシステムのセキュリティー確保発生確率の高い脅威から段階的に対策
日経テクノロジーオンライン
自動運転用センサーフュージョン柔軟性の高いテストシステムが必須. 世界中の企業が、自動運転車の実現に向けてまい進している。自動運転車の実現には、数多くの新規技術を同時に実用化しなければならない。そうした実現の鍵を握る技術のひとつが、多様なセンサーから取得したデータを組み合わせて適切な判断を下す …

■ 高速道路であおられる、自動運転の落とし穴
日経ビジネスオンライン
自動車メーカーに加えて、グーグルなどのIT(情報技術)大手、ウーバーなどのライドシェア(相乗り)大手まで、様々な業種の企業が開発を加速させる自動運転車。異種格闘技戦ともいえる競争が激化する中で、ホンダはどのような自動運転車を実現しようとしているのか。自動運転車が普及するとどのような変化が起きるのか。

■ 東洋大と武蔵野銀、自動運転技術で講演会
日本経済新聞
東洋大学工業技術研究所(埼玉県川越市)と武蔵野銀行は14日、自動運転を支える技術をテーマにした講演会を同大川越キャンパス(同市)で開く。企業経営者や技術責任者らが対象で、日立建機幹部や同大理工学部の教授が自動運転に関する技術動向について産学両面の立場から説明する。 先着100人で参加は無料。

■ ゴーン氏後継、仕切り直し ルノーCEOを一転続投へ
日本経済新聞
仏ルノーのカルロス・ゴーン氏が15日の取締役会で最高経営責任者(CEO)として再任される見通しになった。電気自動車(EV)や自動運転の台頭といった激しい環境変化に直面し、次を託す後継者を選べなかった。交代による混乱を回避し、緩やかな権限委譲を進める構えだが、実力者依存から抜け出せない現状が改めて …

 

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注目ピックアップ記事

  1. 2018-07-11 8.24.46
    今回ご紹介するのは、海に浮かび自動で24時間休みなく、海に浮遊するゴミを回収して…
  2. SUBLUE  2018-07-11 7.10.03
    今回ご紹介するのは、高速で水中を移動することができる水中スクーターです。まずはこ…
  3. 2018-07-11 8.01.32
    今回ご紹介するのは、信じられないような動きを可能とした実在する驚きの動物ロボット…
  4. 2018-02-08 7.34.06
    今回ご紹介する動画は、見ないと損!という世界中で開発された、とてもユニークで興味…
  5. 2018-02-13 7.32.55
    今回ご紹介するのは、2年前のCES2016で世界中の注目を集めた「有人ドローン」…
  6. 2018-02-27 6.33.45
    空飛ぶタクシーが登場 今回ご紹介するのは、欧州の旅客機開発で有名なエアバス…
  7. 2018-04-20 10.10.27
    今回ご紹介するのは、ダイバーシティ東京プラザに登場した、最新掃除ロボットの紹介です。まずはこちらの動…

注目イベント

  1. glafitbike0001
    自転車? バイク? ハイブリッドバイクの登場 今回ご紹介するのは「人々の移動をもっ…
  2. スクリーンショット 2016-10-05 9.17.51
    いよいよCEATAC JAPANが始まりました! 2016年のCEATEC JAP…
  3. iStock_000046450326_Small_resized
    最新のサービス・ロボットが大阪に集結! サービスロボットの開発技術に特化した技術展…
  4. スクリーンショット 2016-02-09 8.25.21
    「CNET Japan LIVE 2016」が開催 2016年2月18日に、「CN…
  5. スクリーンショット 2016-01-21 10.03.55
    情報教育SIG第4回 情報教育研究会 ~ヒューマノイドロボット活用のアイデアソン・…

オススメ商品

  1. maxresdefault_resized
    水中を自由に動き回る水中ドローンが話題に! 空を飛ぶドローンがかなり普及してきまし…
  2. 2018-01-26 8.41.49
    ■ 超高機能な『スマート首輪』が話題に 今回紹介するのは、犬好きな方が大注…
  3. FOBO0001
    スマホでタイヤの空気圧がわかるデバイスが登場 今回ご紹介するのは、マレーシアの S…
  4. 3Doodler0003
    ペンで描くように立体作品を創れるペン型3Dプリンター 今回ご紹介するのは、まるでペ…
  5. stanleyrobotics0001
    画期的な最新駐車場ロボットが登場! 今回ご紹介するのはフランスで開発が進んでいる、…

カテゴリで絞り込み

ページ上部へ戻る