本日の自動運転関連ニュース 2018/03/06

 

本日の自動運転関連のニュースです。

autopilotnews01

_

トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」
@IT MONOist
トヨタ自動車は2018年3月2日、自動運転技術の先行開発分野での技術開発を促進するため、同年3月下旬までに新会社「Toyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)」を東京に設立すると発表した。トヨタ自動車だけでなく、デンソー、アイシングループ(以下、アイシン)もTRI-ADに出資/投資し、人員の派遣 …
トヨタ、自動運転開発で新会社 都内に1000人体制 - 日刊工業新聞
トヨタ、自動運転開発の新会社「TRI-AD」を設立 - 財経新聞
すべての記事

自動運転時代を前に対応迫られるタクシー業界 人間のドライバーにしか提供できない価値とは?
ニフティニュース
その運転手は、自家用車のライドシェア増加を規制しない市政府の無策に対し自らの命を絶って抗議したのだ。 タクシー業界が時代の波に翻弄されている。構造変化を促すのは、ライドシェアの普及にとどまらない。英デイリーメール紙電子版は「自動運転が実現すれば、先進国で深刻な失業を招く」(オクラホマ大学のスバス・ …
自動運転時代を前に対応迫られるタクシー業界 - JBpress
すべての記事

EV移行にワナ、エンジン軽視は危険 未来カーの行方
日本経済新聞
環境規制の強化による電動化や自動運転技術の進化を核として、2040年に向けてクルマの技術は大きく変わる。一部の国でエンジン車は廃止され、無人運転車が街を走り回る時代を展望した。パワートレーンの動向を占う上でカギを握るのは、電気自動車(EV)の比率である。エンジンに強い日系自動車関連メーカーの行方を …

次世代通信「5G」1年前倒しは、どれだけヤバい事なのか
MONEY PLUS
無人のコネクテッドカーを外部から操作するといった、手術や飛行よりもネットワーク遅延が致命的でないような場合でも、5Gの低遅延のほうが望まれるのは間違いないでしょう。5Gの技術と自動運転がミックスされる頃には、福島原発のガレキの山を外部から建設機械を操作して除去するといった活用もできるようになります。

アウディ・ポルシェ 電気自動車用の共有プラットフォーム「PPE」の開発が進行中
ニコニコニュース
2018年3月1日、アウディとポルシェは2017年5月に電気自動車のプラットフォームの共同開発を始めると発表した。フォルクスワーゲン・グループのプレミアムブランド2社は、プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック(PPE)と呼ばれる先進的アーキテクチャーの共同開発を行なう意義は、将来の電気自動車を迅速に市場へ …

トヨタがEVシフトに見せる尋常ならぬ危機感
東洋経済オンライン
今年1月に行われた世界最大のエレクトロニクスショー(CES)に初めて登壇した豊田章男社長は、「車をつくる会社からモビリティの会社へ変えることが私の目標だ」と宣言した。 自動車産業は今、大きな転換期にある。次世代のキーワードは「CASE」。Cはコネクティビティ=通信と車の接続、Aはオートノマス=自動運転、Sは …

ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは
毎日新聞
世界の電気自動車(EV)業界には異業種からの参入が相次いでいる。掃除機や空調家電のメーカーであるダイソン(イギリス)が、2020年までに「他社のものと根本的に異なるEV」を製造すると発表。グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのが …

電気特性まで高め、金属もガラスも置き換える樹脂
日経テクノロジーオンライン
例えば、5G(第5世代移動通信システム)化や自動運転の領域である。5Gでは10Gbps以上の超高速通信を目指し、自動運転ではミリ波レーダーを使って100m以上の範囲を探知してクルマの衝突を回避する。共通するのは、従来よりも高周波の信号を利用することだ。これらの技術では波長が1~10mmで、周波数帯域 …

持続可能な社会には何が必要ですか
日本経済新聞
だがそれは今、夢ではなくなりつつあり、自動運転車のように夢の先へ進んでいるものもあります。 車は一台一台がそれぞれの目的のために走ったり、止まったりしていて、もし車をインターネットでつなげるとどうなるでしょうか。車載カメラと組み合わせると社会事象を瞬時に把握するセンサーの機能となるはずです。ビッグデータ …

KDDIとソニー、自動運転スタートアップに出資
日本経済新聞
自動運転の実用化を見据えて大手企業がスタートアップ企業と組む動きが盛んになってきた。KDDIやソニーなどが自動運転車の頭脳となる基本ソフト(OS)の開発・普及を手掛けるティアフォー(名古屋市、武田一哉社長)に約30億円を出資した。世界全体では2017年に自動運転分野のスタートアップへの投資が前年比3倍に …

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注目ピックアップ記事

  1. 2018-07-11 8.24.46
    今回ご紹介するのは、海に浮かび自動で24時間休みなく、海に浮遊するゴミを回収して…
  2. SUBLUE  2018-07-11 7.10.03
    今回ご紹介するのは、高速で水中を移動することができる水中スクーターです。まずはこ…
  3. 2018-07-11 8.01.32
    今回ご紹介するのは、信じられないような動きを可能とした実在する驚きの動物ロボット…
  4. 2018-02-08 7.34.06
    今回ご紹介する動画は、見ないと損!という世界中で開発された、とてもユニークで興味…
  5. 2018-02-13 7.32.55
    今回ご紹介するのは、2年前のCES2016で世界中の注目を集めた「有人ドローン」…
  6. 2018-02-27 6.33.45
    空飛ぶタクシーが登場 今回ご紹介するのは、欧州の旅客機開発で有名なエアバス…
  7. 2018-04-20 10.10.27
    今回ご紹介するのは、ダイバーシティ東京プラザに登場した、最新掃除ロボットの紹介です。まずはこちらの動…

注目イベント

  1. glafitbike0001
    自転車? バイク? ハイブリッドバイクの登場 今回ご紹介するのは「人々の移動をもっ…
  2. スクリーンショット 2016-10-05 9.17.51
    いよいよCEATAC JAPANが始まりました! 2016年のCEATEC JAP…
  3. iStock_000046450326_Small_resized
    最新のサービス・ロボットが大阪に集結! サービスロボットの開発技術に特化した技術展…
  4. スクリーンショット 2016-02-09 8.25.21
    「CNET Japan LIVE 2016」が開催 2016年2月18日に、「CN…
  5. スクリーンショット 2016-01-21 10.03.55
    情報教育SIG第4回 情報教育研究会 ~ヒューマノイドロボット活用のアイデアソン・…

オススメ商品

  1. maxresdefault_resized
    水中を自由に動き回る水中ドローンが話題に! 空を飛ぶドローンがかなり普及してきまし…
  2. 2018-01-26 8.41.49
    ■ 超高機能な『スマート首輪』が話題に 今回紹介するのは、犬好きな方が大注…
  3. FOBO0001
    スマホでタイヤの空気圧がわかるデバイスが登場 今回ご紹介するのは、マレーシアの S…
  4. 3Doodler0003
    ペンで描くように立体作品を創れるペン型3Dプリンター 今回ご紹介するのは、まるでペ…
  5. stanleyrobotics0001
    画期的な最新駐車場ロボットが登場! 今回ご紹介するのはフランスで開発が進んでいる、…

カテゴリで絞り込み

ページ上部へ戻る