本日の自動運転関連ニュース 2018/03/21

本日の自動運転関連のニュースです。

autopilotnews01

_

実用化遅れる可能性 米で死亡事故
毎日新聞
【ブエノスアイレス清水憲司】米配車(ライドシェア)サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車が18日夜、米西部アリゾナ州での走行試験中、歩行者をはねる事故を起こした。歩行者を死亡させる事故は初めてとみられる。地元警察に加え、運輸当局も調査に乗り出した。これまでも性急な公道試験には反対論があり、 …
ウーバー車両が自動運転の試験走行中に死亡事故 自動運転の責任は誰に? - かみあぷ
Uber、アリゾナで自動運転試験中に人身事故。史上初の死亡事例に - ギズモード・ジャパン
公道での自動走行、慎重論強まるか 米ウーバー死亡事故 - 朝日新聞
すべての記事

メーカーに賠償請求、システム原因の自動運転中の車事故=国交省
ロイター
東京 20日 ロイター] – 国土交通省は20日、自動運転中の事故での自動車損害賠償責任(自賠責)に関する研究会(座長:落合誠一東京大学名誉教授)の報告書をとりまとめた。それによると、自動運転システムが事故の原因だった場合は、保険会社が自動車メーカー側に損害賠償を求めることができる仕組みを検討することが …

メーカーに賠償請求、システム原因の自動運転中の車事故=国交省
朝日新聞社
報告書によると、自動運転による事故でも人が運転する車と同じように保険金を払うが、自動運転システムが事故原因の場合は保険会社がメーカー側に損害賠償を請求できるよう仕組みを検討するのが適当と提言。同システムがハッキングなど外部から不正なアクセスを受け、事故が起きた場合も被害者を救済できるようにす …

GM、19年発売の自動運転車をミシガン州で生産
日本経済新聞
米ゼネラル・モーターズ(GM)は、米国ミシガン州にあるOrion Township組み立て工場で、2019年に商品化する予定の自動運転車「Cruise AV」を生産すると18年3月15日に発表した。自動運転に必要なセンサーなどを搭載したルーフモジュールは、Brownstown工場で生産する。同社は両工場の設備を刷新するため、1億ドル …
米・GMが自動運転車の量産準備へ。2019年に「無人タクシー」サービスの開始をめざす - ニフティニュース
米・GMが自動運転車の量産準備へ。2019年に「無人タクシー」サービスの開始をめざす - clicccar.com(クリッカー)
[特報]自動運転“最右翼”のベロダイン、次世代LIDARで先陣 - 日経テクノロジーオンライン
すべての記事

自動運転車事故、「運転補助技術ですら未完成」と非難
日本消費者新聞
米配車サービス大手「ウーバー・テクノロジーズ」の自動運転車が歩行者をはねて死亡させた問題で、米消費者情報誌コンシューマーリポートは19日、事故の詳細を伝えるとともに、自動運転技術について「どんなに優れた技術でも100%完全に作動することは証明されていない」とコメントした。同誌の自動車テスト担当者は、 …

標識と通信 群大、開発業者と共同研究開始 /群馬
毎日新聞
車の自動運転技術を研究している群馬大は、自動運転車両と道路標識との間で通信する“路車間通信”技術の実用化に向け、道路標識の開発・販売業者「アークノハラ」(東京都新宿区)と共同研究に取り組む。群馬大は「完全自動運転の実現には道路環境を含む街そのものが完全自動運転車を受け入れ可能にするインフラ …

米ウーバーの自動運転車が死亡事故、実証実験を一時停止(字幕・19日)
ロイター
米ウーバーの自動運転車が死亡事故、実証実験を一時停止(字幕・19日). 1:14pm JST – 01:31. 米アリゾナ州で配車大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車が衝突事故が起こし、歩行者の女性が死亡した。死亡事故を受け、ウーバーは米国とカナダで行っている自動運転車試験をすべて一時停止すると発表した。

完全自動運転の早期実現を目指す「アセントロボティクス」が11億円調達!
創業手帳 (プレスリリース)
平成30年3月19日、アセントロボティクス株式会社は、総額約11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本の道路環境で完全自動運転を実現させるソフトウェアの開発に取り組んでいます。 今回の資金は、公路での自動運転の実証実験の実現、AIの研究開発の加速に充当されます。
自動運転ソフト開発のアセントロボティクスが約11億円を調達 - CNET Japan
すべての記事

Center for Customer Insight:ヘルマン、ブレナー、シュタドラーの3教授による自動運転に関する新刊書発売
SankeiBiz
同書は、技術的側面、並びに社会の変革、自動運転から生じるビジネスチャンスを取り上げる。専門家の著者であるアンドレアス・ヘルマン教授(博士)、ワルター・ブレナー教授(博士)、ルパート・シュタドラー教授は、都市の構造がいかに変化し、自動車メーカーがどんな課題に立ち向かう必要があるのかを明らかにしている。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注目ピックアップ記事

  1. 2018-07-11 8.24.46
    今回ご紹介するのは、海に浮かび自動で24時間休みなく、海に浮遊するゴミを回収して…
  2. SUBLUE  2018-07-11 7.10.03
    今回ご紹介するのは、高速で水中を移動することができる水中スクーターです。まずはこ…
  3. 2018-07-11 8.01.32
    今回ご紹介するのは、信じられないような動きを可能とした実在する驚きの動物ロボット…
  4. 2018-02-08 7.34.06
    今回ご紹介する動画は、見ないと損!という世界中で開発された、とてもユニークで興味…
  5. 2018-02-13 7.32.55
    今回ご紹介するのは、2年前のCES2016で世界中の注目を集めた「有人ドローン」…
  6. 2018-02-27 6.33.45
    空飛ぶタクシーが登場 今回ご紹介するのは、欧州の旅客機開発で有名なエアバス…
  7. 2018-04-20 10.10.27
    今回ご紹介するのは、ダイバーシティ東京プラザに登場した、最新掃除ロボットの紹介です。まずはこちらの動…

注目イベント

  1. glafitbike0001
    自転車? バイク? ハイブリッドバイクの登場 今回ご紹介するのは「人々の移動をもっ…
  2. スクリーンショット 2016-10-05 9.17.51
    いよいよCEATAC JAPANが始まりました! 2016年のCEATEC JAP…
  3. iStock_000046450326_Small_resized
    最新のサービス・ロボットが大阪に集結! サービスロボットの開発技術に特化した技術展…
  4. スクリーンショット 2016-02-09 8.25.21
    「CNET Japan LIVE 2016」が開催 2016年2月18日に、「CN…
  5. スクリーンショット 2016-01-21 10.03.55
    情報教育SIG第4回 情報教育研究会 ~ヒューマノイドロボット活用のアイデアソン・…

オススメ商品

  1. maxresdefault_resized
    水中を自由に動き回る水中ドローンが話題に! 空を飛ぶドローンがかなり普及してきまし…
  2. 2018-01-26 8.41.49
    ■ 超高機能な『スマート首輪』が話題に 今回紹介するのは、犬好きな方が大注…
  3. FOBO0001
    スマホでタイヤの空気圧がわかるデバイスが登場 今回ご紹介するのは、マレーシアの S…
  4. 3Doodler0003
    ペンで描くように立体作品を創れるペン型3Dプリンター 今回ご紹介するのは、まるでペ…
  5. stanleyrobotics0001
    画期的な最新駐車場ロボットが登場! 今回ご紹介するのはフランスで開発が進んでいる、…

カテゴリで絞り込み

ページ上部へ戻る