自動運転

【低速モビリティ】「iino」を使った自動運転の実証実験in大阪城公園

関西電力の低速モビリティ「iino」を使った実証実験が大阪城公園で実施されています。

外国人観光客向けのサービスとして日本伝統文化を伝えるコンテンツを提供するのが目的なのだとか。iinoとは、このような乗り物です↓


乗っている二人が何とも言えない表情ですが、日常では得られない開放感がありそうです。リラクゼーション目的のためには、ちょっと目立ちすぎ?(笑)

今回の実証実験では、和楽器の演奏やお茶、舞踊などが披露されるのだとか。「別に移動しなくても・・・」と思う人もいるかもしれませんが、物珍しさで注目を集めることは間違いなさそうです。広告にも活用される機会があるかもしれないですね。

自動運転ならではのサービスが今後たくさん生まれることが期待できるかも。

関連記事

  1. 3月14日まで!丸の内の歩行者天国で自動運転バスの実証実験
  2. かわいい!でも頼りがいのある無人自動運転車「R2」
  3. ハンドルなし!国内初の自律走行バス実証実験
  4. 何かコワいけどスゴイ!BMWの自動運転バイク
  5. 自動運転レースが熱い!自作AIラジコンカー「JetRacer」
  6. 次世代エアモビリティ!エアロネクスト社の「空飛ぶゴンドラ」
  7. 自動運転車に必要な「5G」!それって一体何がスゴイの?
  8. 2021年1月24日(日)11:30放送BSフジ 「ガリレオX」…

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP
インスタ ストーリー 保存 Library z-lib books on zlibrary