ドローンの衝撃

 

ドローンはイノベーションなのか?それとも悪の根源なのか?、「ドローンの衝撃」では、2020年に10兆円産業になるといわれているドローンの国内外の活用例や、関連する法規制、飛行のしくみなど、国産ドローンとドローン特区についても詳しく解説されています。

 

スクリーンショット 2015-08-12 12.35.51_resized

 

商品の説明

内容紹介
2015年は世界的に「ドローン元年」と呼ばれる。
ドローン(無人機/マルチコプター)の本格利用が世界中はもとより日本でもようやくはじまりつつある。安倍内閣は「ドローン特区」の構想をすでに発表し、官民あげて盛り上げていくところだった……。
しかし、4月に首相官邸にドローンが墜落して、その危険性が大きく報道された。以降、日本ではドローンに関する法規制議論が一気に広がり、“凶器”としての側面を過剰に強調した報道が目立っている。
そんなことでいいのだろうか。
2020年にはドローン世界で10兆円産業になるといわれており、日本でも2兆円規模が想定されている。現状では商用利用に関していうと映像作家やクリエイターの映像作品などがメインだが、今後は宅配、農業、警備、調査などなど様々な産業での利用が想定され、すでに建設業界や震災復興、警備会社などで導入が進んでいる。
本書は次世代テクノロジーのドローンの入門書として、飛行のしくみや法的問題、国産・外国産ドローンの隆盛などを関係者に取材してまとめた。日本での第一人者である野波建蔵千葉大特別教授をはじめ、セコム、ヤマハ発動機などドローンを活用する企業へのインタビューも掲載。またカナダや中国のドローントップ企業の代表などの取材も行った。
商業・公共利用の可能性から、テロ・犯罪での悪用、そして法的解釈を含め、ドローンに関する基礎的情報をいっきに紹介する

 

内容(「BOOK」データベースより)
イノベーションか、それとも凶器か?国内外の活用例・法規制から飛行のしくみまで。国産ドローンとドローン特区も徹底解説。

 

著者について
河 鐘基 (は じょんぎ)

1983年、北海道生まれ。編集プロダクション「ピッチコミュニ―ションズ」所属。『週刊SPA!』や『週刊ポスト』などを中心に執筆活動を続ける傍ら、韓国の時事問題、インターネット事情、政治経済など幅広い分野の書籍で、執筆、翻訳に従事。所属プロダクションでウェブサイト『ピッチログ』の運営にも携わる。著書に『ヤバいLINE 日本人が知らない不都合な真実』(光文社新書)。訳書に『ロッテ 際限なき成長の秘密』(実業之日本社)、『韓国人の癇癪 日本人の微笑み』(小学館)など

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
河/鐘基
1983年、北海道生まれ。編集プロダクション「ピッチコミュニーションズ」所属。『週刊SPA!』や『週刊ポスト』などを中心に執筆活動を続ける傍ら、韓国の時事問題、インターネット事情、政治経済など幅広い分野の書籍で、執筆、翻訳に従事。所属プロダクションでウェブサイト『ピッチログ』の運営にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

登録情報

新書: 214ページ
出版社: 扶桑社 (2015/7/2)
言語: 日本語
ISBN-10: 4594072976
ISBN-13: 978-4594072971
発売日: 2015/7/2
商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm

 

Amazon登録情報

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注目ピックアップ記事

  1. 2018-07-11 8.24.46
    今回ご紹介するのは、海に浮かび自動で24時間休みなく、海に浮遊するゴミを回収して…
  2. SUBLUE  2018-07-11 7.10.03
    今回ご紹介するのは、高速で水中を移動することができる水中スクーターです。まずはこ…
  3. 2018-07-11 8.01.32
    今回ご紹介するのは、信じられないような動きを可能とした実在する驚きの動物ロボット…
  4. 2018-02-08 7.34.06
    今回ご紹介する動画は、見ないと損!という世界中で開発された、とてもユニークで興味…
  5. 2018-02-13 7.32.55
    今回ご紹介するのは、2年前のCES2016で世界中の注目を集めた「有人ドローン」…
  6. 2018-02-27 6.33.45
    空飛ぶタクシーが登場 今回ご紹介するのは、欧州の旅客機開発で有名なエアバス…
  7. 2018-04-20 10.10.27
    今回ご紹介するのは、ダイバーシティ東京プラザに登場した、最新掃除ロボットの紹介です。まずはこちらの動…

注目イベント

  1. glafitbike0001
    自転車? バイク? ハイブリッドバイクの登場 今回ご紹介するのは「人々の移動をもっ…
  2. スクリーンショット 2016-10-05 9.17.51
    いよいよCEATAC JAPANが始まりました! 2016年のCEATEC JAP…
  3. iStock_000046450326_Small_resized
    最新のサービス・ロボットが大阪に集結! サービスロボットの開発技術に特化した技術展…
  4. スクリーンショット 2016-02-09 8.25.21
    「CNET Japan LIVE 2016」が開催 2016年2月18日に、「CN…
  5. スクリーンショット 2016-01-21 10.03.55
    情報教育SIG第4回 情報教育研究会 ~ヒューマノイドロボット活用のアイデアソン・…

オススメ商品

  1. maxresdefault_resized
    水中を自由に動き回る水中ドローンが話題に! 空を飛ぶドローンがかなり普及してきまし…
  2. 2018-01-26 8.41.49
    ■ 超高機能な『スマート首輪』が話題に 今回紹介するのは、犬好きな方が大注…
  3. FOBO0001
    スマホでタイヤの空気圧がわかるデバイスが登場 今回ご紹介するのは、マレーシアの S…
  4. 3Doodler0003
    ペンで描くように立体作品を創れるペン型3Dプリンター 今回ご紹介するのは、まるでペ…
  5. stanleyrobotics0001
    画期的な最新駐車場ロボットが登場! 今回ご紹介するのはフランスで開発が進んでいる、…

カテゴリで絞り込み

ページ上部へ戻る