ロボット

怠けてない!ナマケモノ型ロボット「SlothBot」

ロボットは働き者というイメージが一般的です。

そんな中、働き者とは正反対の動物である「ナマケモノ」をモチーフとしたロボットが登場しました↓

 
これは、ジョージア工科大学が開発したナマケモノ型ロボット「SlothBot」です。

絶滅危惧種の動植物を木の上から監視するために開発されており、動画ではアトランタ植物園で行われたテストの様子が紹介されています。

SlothBotは、ナマケモノのゆっくりとした動きとソーラーパワーが組み合わされたロボット。

産業ロボットのようにテキパキと素早く動く必要がなければ、省エネ設計に特化していることは理にかなっています。

ナマケモノの長い爪まで再現されており、遊び心があって楽しいですね。

 

関連記事

  1. 「ユカイな生きものロボットキット」で目指せ小学生ロボコン王者!
  2. 広いグラウンドゴルフ場も自動で!ロボット芝刈機「Automowe…
  3. 車椅子での東京五輪観戦をサポート!トヨタのロボット「HSR」
  4. コンビニの調理をお助け!ホットスナックロボット
  5. バーチャル会場で応援!11月29日(日)は 全国大会「高専ロボコ…
  6. 分身ロボット「OriHime」で遠隔接客!モスバーガーで実証実験…
  7. ワクワク!高専生がクラウドファンディングで開発中のDJロボット「…
  8. ワンチーム!連携プレーでサポートするロボット「ShapeBots…

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP