ロボット

「ウォーリーを探せ」なら任せて!「There’s Waldo」

丸メガネと赤いボーダーの洋服でおなじみの「ウォーリーを探せ」で遊んだ経験はありますか?なかなか見つからないウォーリーを頑張って探し出すのが醍醐味の絵本ですが、あるロボットの手にかかれば一瞬です↓

これは「There’s Waldo」というロボットの動画です。

「There’s Waldo」は、ページを開いてから4.45秒以内にウォーリーを見つけ出すロボットであり、「ここだ!」と言わんばかりにビシっとウォーリーの居場所を指差します。もしも、ウォーリーを探せのスピードを競う大会があったらチャンピオンですね。

さて、ロボットと言えばプログラミングです。このようなプログラミングを身につけることは、「自動化」の技術に役立てることができます。これは日本で深刻化する人口減少や高齢化対策にとって重要なキーワードです。

多くの人がプログラミングは役に立つと分かっているものの、大人になると新しいことを勉強するのが億劫になりがちです。そういう意味では、これからプログラミング学習が始まるお子さんたちは恵まれているのかもしれませんね。

 

関連記事

  1. ソフトバンクロボティクスが「お掃除ロボット」を無償提供
  2. 超リアルで可愛い!犬型ロボットの「Jennie」
  3. 離れていても家族や恋人とつながれる!「動く電話テレピー」
  4. テーマは「未来の家」!小中学生のロボット動画コンテスト開催
  5. 笑いのセンス抜群!手のひらサイズのロボット「こっちむいて!ロビ」…
  6. 実用化なるか?日本郵便が「置き配」ロボット実証実験
  7. あなたもゲーム作りに挑戦!Monacaで「ぷよぷよプログラミング…
  8. spotとpepperくんのコラボダンスで応援!ソフトバンクのい…

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP