ロボット

腰痛対策に!着用型ロボット「ATOUN MODEL Y」

日本では高齢化や人口減少が進んでいると言われており、それを聞くと悲観的になってしまうことが多いです。特に、年齢を重ねると足腰なども弱くなって腰痛だって発生しやすくなる。でも、このような着用型のロボットを活用すれば高齢化社会でも快適に過ごせるかもしれません。

例えば、豪雪地帯などでは日々の雪かき作業による負担が軽減されます↓

着用型ロボット「ATOUN MODEL Y」をご存知でしょうか?

国内の企業で続々と導入され始めており、肉体労働による腰痛対策として役立っています。「自分はもう歳だから・・・」と諦めてしまうのは簡単ですが、着用型のロボットを活用すれば無限の可能性が広がるハズ。

日本も少子高齢化対策と並行してロボット開発が進んでいくので、あまり悲観的にならなくても良いのかもしれません。

 

関連記事

  1. 柔らかいボディーだから出来る!階段を上り下りするソフトロボット
  2. ただの遊びじゃない!ジェンガを積み上げながら学習するロボット
  3. 笑いのセンス抜群!手のひらサイズのロボット「こっちむいて!ロビ」…
  4. 賢くてかっこいい!千葉工大開発の搭乗型知能ロボット「カングーロ」…
  5. 球拾いもラリーも!一人テニスをサポートするロボット達
  6. あなたの代わりに意思を伝えます!分身ロボット「OriHime」
  7. アップデートで餌やりもできる!「aibo Food」
  8. 保育士不足の救世主?保育ロボット「VEVO」が見守る保育園

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP