ロボット

実用化なるか?日本郵便が「置き配」ロボット実証実験

人手不足が課題となっている配達業界では、あの手この手で効率化が図られています。

日本郵便はロボットを使った「置き配」の実証実験を開始しました↓

置き配とは、あらかじめご指定した場所(玄関前、置き配パック、宅配ボックス、車庫、物置など)に非対面で荷物などを届けるサービスのことを言います。

忙しくて荷物の受け取りが難しい方にとっては、とても便利なサービスです。

置き配は、サインも不要なのでロボットを活用するにはもってこいなのではないでしょうか?

上記の動画では、置き配ロボットが非常にゆっくりとした動きで配達する様子を拝見できます。「遅すぎて人間がやったほうがいいんじゃないの?」と思う人がいるかもしれませんが、このような遊び心があっても良いかもしれません。

いつ実用化されるのか、ちょっと楽しみですね。

 

関連記事

  1. 離れていても安心?お年寄りの見守りロボット「パペロ アイ」
  2. 期間限定の特別開校!プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校…
  3. ついに販売開始!犬型ロボット「Spot」
  4. まさにゴッドハンド!手術支援ロボ「ダビンチ」
  5. ドキドキしちゃう!自動で髪を切るロボット開発中
  6. ロボットも警備!最先端のスマートビル「東京ポートシティ竹芝」
  7. 英会話の練習相手に!AI搭載おしゃべりロボット「Charpy」
  8. ただの遊びじゃない!ジェンガを積み上げながら学習するロボット

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP