ロボット

より機敏な動きに!「野菜の自動収穫ロボット」がバージョンアップ!

「後継ぎが見つからないので、農家をやめた」という話をニュースなどで耳にしますが、世の中には色んな職業が存在するので農家になりたがる人ばかりではないのが現状だと思います。むしろ、辛くて儲からないから嫌だという悪いイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

だったら、農業をもっと魅力的な仕事に変えていけば状況は好転するハズです。そのために、重労働を減らすというのも魅力アップの一つです↓

これは、inaho株式会社が開発した「野菜の自動収穫ロボット」の動画です。

2019年5月の正式リリースを迎える前に、収穫作業をよりスピーディーにバージョンアップしたことで注目されています。バージョンアップ前の動画と見比べてみましたが、収穫ロボットの収穫スピードは倍くらいの速さになっているようです。さらに本体のサイズも小型化して実用的になっているのだとか。

このようなロボットが色んな種類の農作物に対応すれば、自動化によって作業の負担が軽減され、やがて農家の担い手不足の解消に役立つことでしょう。

良いか悪いかはさておき、さらに自動化が進めば「副業として農業を始める」という人も増えそうですね。

 

 

関連記事

  1. 保育士不足の救世主?保育ロボット「VEVO」が見守る保育園
  2. 体験会は6月2日まで!可愛い家族型ロボット「LOVOT」
  3. 紙とペンで動く!世界最小プログラミング教育ロボット「Ozobot…
  4. ネット通販を陰で支える!自動倉庫システム「AutoStore」
  5. 東京駅に登場!ドイツから来た案内ロボット「SEMMI」
  6. ソフトクリームロボット「レイタくん」
  7. 可愛い!トランスフォーマー最新作公開記念「バンブルビーカフェ」
  8. こどもプログラミング本大賞の結果発表!気になる大賞受賞作品は?

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP