自動運転

自動運転で大会運営をサポート!東京五輪の自動車に「e-Palette」登場

東京オリンピック・パラリンピックの開催まで残り1年を切りました。

華々しい開会式や選手の活躍が注目されますが、大会を支える自動車にも注目すると東京五輪をより深く楽しめそうです↓

これは、トヨタ自動車が開発した自動運転車「e-Palette」の動画です。

東京オリンピック・パラリンピックの大会会場や選手村にe-Paletteが導入されることが発表されています。

見た目が可愛い車体ですが、体の不自由な方が車椅子などで乗り降りしやすいように停車位置にも配慮してくれる「人に優しく賢い車」なのです。

トヨタ自動車は約850台の電気自動車を含む1350台の車でサポートするので、オリンピック観戦の際は、サポートカーを利用することも楽しみの一つになりそうですね。

 

関連記事

  1. 引越しが不要になる?「自動運転で動く家」が開発中
  2. 中高生でも?AI開発者キット「Jetson NANO」で自動運転…
  3. 5G通信の携帯4社への割当てが決定!5Gで乗物の未来はどうなる?…
  4. 人間よりも運転上手?横浜みなとみらいで自動運転実証実験スタート
  5. ハンドルなし!国内初の自律走行バス実証実験
  6. 衛星で自動運転!岡山県新見市の「田植え機実演研修会」
  7. 幽霊と遭遇するBMWの自動運転走行実験CMが面白い!
  8. 自動運転中も退屈知らず?日産とNTTドコモが3Dアバターを共同開…

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP