ロボット

社会的距離のパトロール!ボストンダイナミクスの犬型ロボ「Spot」

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐためには、人と人の距離を離れていることが重要と言われています。

シンガポールにある公園では、ロボットによる社会的距離のパトロールが開始されました。

ボストン・ダイナミクス社が開発した犬型ロボット「spot」が公園内にいる人々に社会的距離を確保するよう促すメッセージをアナウンス。

spotはセンサーによって、周囲の人や物にぶつからないよう安全にパトロールしています。

犬型ロボと言っても頭も無いですし、大きくて奇妙な歩き方をしているので、初めてspotを目撃した人はちょっと驚くかも?

「ロボットに注意されなくても分かってるよ・・・」と思う人もいるかもしれませんが、社会的距離の注意喚起だけでなく、公園の訪問者の数を計測したり安全な距離感を保っているかを分析するための研究にも役立てられるそうです。

このようにコロナ対策としてロボットが活用され始めていますが、それよりも早く私たちの日常の生活を取り戻したいものですね。

 

関連記事

  1. aiboの2019年限定チョコエディションが可愛いすぎる
  2. ワンチーム!連携プレーでサポートするロボット「ShapeBots…
  3. 新しい仲間\(^o^)/
  4. 東京駅に登場!ドイツから来た案内ロボット「SEMMI」
  5. 11月24日(日)は全国大会!「高専ロボコン2019」
  6. まさにゴッドハンド!手術支援ロボ「ダビンチ」
  7. 無限の可能性が広がった!「分身ロボット」によるテレワーク
  8. 家庭用ロボットが大集合!新宿高島屋の「ロボティクススタジオ」

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP