自動運転

成田空港でANAが実証実験!自動追従する車椅子

公共施設はバリアフリー化が進んでいますが、広い空港内で車椅子での移動は大変です。そのため飛行機での移動を諦める方もいます。

ANAは成田空港で自動追従する車椅子の実証実験を行なっています↓

この電動車いすは、障害物などを感知。前方を移動する車椅子と一定の距離を保って自動追従しています。

自動追従してくれるなら、迷うことなく目的地まで移動することもできますよね。また、一度に複数の車椅子利用者を案内できることもあり、乗務員さんにとってもサービス向上につながりそうです。

この自動追従の車椅子は2020年から運用が開始予定なのだとか。国内外から東京オリンピック観戦する人たちが集まるため、バリアフリー環境も様々な形で進化が期待できますね。

 

関連記事

  1. 何かコワいけどスゴイ!BMWの自動運転バイク
  2. ハンドルなし!国内初の自律走行バス実証実験
  3. 自動車の最新技術が大集合!「人とくるまのテクノロジー展2019」…
  4. 【低速モビリティ】「iino」を使った自動運転の実証実験in大阪…
  5. 未来の配達員さんはこうなる?トヨタの「マイクロパレット」
  6. 便利で可愛い!無人宅配「NURO(ヌロ)」の自動運転車
  7. 中高生でも?AI開発者キット「Jetson NANO」で自動運転…
  8. 衛星で自動運転!岡山県新見市の「田植え機実演研修会」

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP