自動運転

画期的?LIDARの技術で社会的距離を計測「Social Distancing Badge」

自動運転車は「LIDER」という仕組みを使って周囲との距離を計測しながら走行します。

そんな最先端の技術を使って周囲の人との「社会的距離」を計測するツールが開発されています↓

新型コロナウィルスの感染拡大によって「社会的距離」を確保する重要性が認識され始めました。

しかしながら、「実際にどのくらいの距離なのか?」というのは分かりにくいかもしれません。

そこで、このバッジを使って相手との距離を可視化してしまおうというのが、現在、クラウドファンディング「KICKSTARTER」で開発資金を募集中の「The Social Distancing Badge」なのです。

「ちょっと近すぎるよ!」と相手に言いたい時に、このバッジを見せるというのは画期的?だし面白いですよね。

詳細はコチラです↓
https://www.kickstarter.com/projects/sensordots/the-social-distancing-badge#

 

関連記事

  1. 福岡市貝塚公園で開催!PerceptInの自動運転実証実験
  2. 韓国の自動車展示会「2019ソウルモーターショー」開催中
  3. 衛星で自動運転!岡山県新見市の「田植え機実演研修会」
  4. 成田空港でANAが実証実験!自動追従する車椅子
  5. 自動運転中も退屈知らず?日産とNTTドコモが3Dアバターを共同開…
  6. ありそうでなかったV字型の旅客機!KLMオランダ航空が開発中
  7. 5G通信の携帯4社への割当てが決定!5Gで乗物の未来はどうなる?…
  8. スマホアプリで呼び出せる!自動運転スクーター「Go X」

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP