ロボット

AIは敵にも味方にもなる?鷹の爪団が語る100年後の日本とは

AI(人工知能)は日夜研究と開発が進んでおり、AIが人間よりも賢くなる日がやってくると言われます。

では、未来の日本はどのような社会になっているのでしょうか↓

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、AIが人間よりも賢い知能を自ら生み出すことが可能となる時点のことです。

このままAIの研究が進んだ場合、シンギュラリティがやってくるのは2045年と予測する研究者もいるそうです。

上記の鷹の爪団の動画に登場する「吉田メルカリちゃん」によると未来の日本はAIによって政治は常に的確な判断が行われ、公共事業にも無駄がなく、ベーシックインカムと呼ばれる制度によって誰もが平等に必要なお金が分配されて生活が保障されるようになっているのだとか。

これがウソかホントかはさておき、AIの研究が悪用されれば荒廃した未来がやってくるというのはぜひとも避けたいものです。

そのために人類はどのようにAIと向き合うことが大切なのか?とっても真面目なテーマですが鷹の爪団の動画では面白おかしく解説されています。

気になる方は、ぜひ予想しながらチェックしてみてください。

 

関連記事

  1. テーマは「未来の家」!小中学生のロボット動画コンテスト開催
  2. ロボットとドローンが一体化?二足歩行ロボット「LEONARDO」…
  3. ロボット愛好家の酒場!ロボキチがお洒落にリニューアルオープン
  4. ソフトクリームロボット「レイタくん」
  5. 図形や文字を描くプログラミングトイ!「ARTIE3000」
  6. 離れていても安心?お年寄りの見守りロボット「パペロ アイ」
  7. 日常のストレスを軽減!しっぽをフリフリするロボクッション「Qoo…
  8. 家族のコミュニケーションをサポートするロボット「BOCCO」

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP