ドローン

世界最小クラス!狭い場所の点検用ドローン「IBIS」

ドローンは空撮だけでなく、産業用として様々な現場の点検作業にも活用されています。

「でも実際、ドローンでどうやって点検しているの?」と気になっている方はいませんか?

こちらの動画は、重量170gという世界最小クラスのドローン「IBIS」を使った下水道内点検の様子です。IBISは、安定した飛行でスムーズに下水道内を撮影しています。

動画を見てみると、手軽に点検コースを往復できているので、破損している場所の見落としも少なくなりそうですね。

下水道のようなライフラインは、普段、人目につかない場所に設置されているものです。ですから、人が入り込むには狭くて暗い、ゴミの散乱している足元の不安定な場所も少なくないでしょう。

そんな場所での点検は思わぬ危険も伴いますので、ドローンを活用しない手はありませんね。

点検作業の一つの方法として、あらゆる現場で小型ドローンを取り入れる機会は今後ますます増えそうです。

 

関連記事

  1. 知っておきたい!ドローンを飛ばす前の基礎知識って?
  2. 飛行時間は10時間14分!ハイブリッドクワッドコプター「HYBR…
  3. ドローンの映像チェックを安全に!ヘッドマウントディスプレイ「Ai…
  4. インドでバッタの大群が発生!政府がドローンで殺虫剤を散布
  5. 持ち歩きたくなる!オシャレな専用バッグ「Mavic Air Ba…
  6. 【スカイファイト】渋谷109で期間限定オープン!2019年3月2…
  7. 空から健康チェック!感染症の拡大を防ぐドローン「パンデミックドロ…
  8. 橋やトンネルの点検を簡単に!オングリット株式会社の改造ドローン

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP