自動運転

自動運転中も退屈知らず?日産とNTTドコモが3Dアバターを共同開発

完全な自動運転が実現した場合、人は自動車の運転から解放されます。その一方、移動中に退屈するという新たな悩みが・・・と思いきや既に対策済みでした↓

日産自動車とNTTドコモが共同開発中の「Invisible-to-Visible」という技術。

車内の空席に3Dアバターを投影し、自動運転中の車内でコミュニケーションができるというものです。「スマホで動画でも観ていればいいんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、自分好みのアバターとドライブできるならスマホの動画よりも楽しいかもしれません。アバター次第では、勉強や仕事などにも大いに役立つことでしょう。

自動運転技術が進むことで運転手さんは仕事を失うことが予想されますが、新しい仕事もたくさん生まれそうですね。

関連記事

  1. 5G通信の携帯4社への割当てが決定!5Gで乗物の未来はどうなる?…
  2. 大阪万博で見れるかも?空飛ぶクルマの実証実験がスタート
  3. 奈良公園内で自動走行にチャレンジ!自動運転ロボ「ラクロ」
  4. 誤作動?スタート直後の自動運転レースカーが壁に激突!
  5. 画期的?LIDARの技術で社会的距離を計測「Social Dis…
  6. ドローン配送や自動運転車で便利な社会になる?スーパーシティ法とは…
  7. 自動運転バスの実証実験!大津市が乗車モニター40名募集
  8. かっこいい!クボタのコンセプトトラクター「クロストラクタ」

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP