自動運転

自動運転中も退屈知らず?日産とNTTドコモが3Dアバターを共同開発

完全な自動運転が実現した場合、人は自動車の運転から解放されます。その一方、移動中に退屈するという新たな悩みが・・・と思いきや既に対策済みでした↓

日産自動車とNTTドコモが共同開発中の「Invisible-to-Visible」という技術。

車内の空席に3Dアバターを投影し、自動運転中の車内でコミュニケーションができるというものです。「スマホで動画でも観ていればいいんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、自分好みのアバターとドライブできるならスマホの動画よりも楽しいかもしれません。アバター次第では、勉強や仕事などにも大いに役立つことでしょう。

自動運転技術が進むことで運転手さんは仕事を失うことが予想されますが、新しい仕事もたくさん生まれそうですね。

関連記事

  1. かわいい!でも頼りがいのある無人自動運転車「R2」
  2. 未来の配達員さんはこうなる?トヨタの「マイクロパレット」
  3. 12月20日(金)〜23日(月)まで開催!「福岡モーターショー2…
  4. 自動運転のフリしたフォードの公道走行実験が面白い!
  5. トヨタが構想する実証実験都市!「コネクティッド・シティ」
  6. 自動でパトロール!しかも可愛い「警備ロボットPATORO®」
  7. 自動運転で大会運営をサポート!東京五輪の自動車に「e-Palet…
  8. ハンドルなし!国内初の自律走行バス実証実験

Treasure Drone

  1. お手軽VTOL

TEAM 機械人Z

BOOKS

  1. RPAの真髄

PAGE TOP